PRODUCTS

炭素繊維複合材(CFRP)用
RTM注入機

PECではウレタン発泡機械をメインとして事業展開してきましたが、その2液注入の原理を利用し注入成形であるRTMにも対応しています。RTMとは金型内にドライカーボンの生地をセットし、そこに樹脂(エポキシ等)を注入含侵させ金型内で硬化させて成形する方法です。BMW等ヨーロッパのメーカーがRTM成形品を多数採用し始めたことから、日本でも具体的に検討されるようになりました。日本でも同時期にRTMの開発はされており、既に国産プレミアムカーの量産工程や国内研究機関で実績があります。

【PECのRTM機の実績】
※ナショナルコンポジットセンター(NCC / 名古屋大学)にも採用
※NCCで採用された設備システムはRTM機を含めて全て日本製でした。

電動シリンダ方式
HP-RTM 注入機

  • 実験機、量産機として実績あり
  • 酸無水、アミン系エポキシ共に対応可(入れ替え可)
  • 電動シリンダによる正確な計量
  • 型内圧力調整のため注入中の流量変更可能
  • ミキサーの洗浄不要
  • キャスター付きで場内移動可能

大容量対応 HP-RTM 注入機

  • 大容量の注入成形が可能なHP-RTM機
  • ハイサイクル化のため、注入機1台毎に複数のヘッドを接続し順番に注入できるシステムにも対応。(マルチミキシングヘッドシステム、シーケンシャル注入)
  • 注入中流量変更機能付き
  • リアルタイム流量フィードバックシステム

現在までの取り組み

  • 日本国内で15年ほど前からCFRP用注入機の開発に取り組んで来ました。
  • 実験機だけでなく、量産用の設備としても採用されています。
  • 現場重合ナイロン対応のHP-RTM機も開発、納入しました。
  • 大容量対応のHP-RTM機も開発、納入しました。
  • オープン注入(ウエットモールディング)にも対応可能です。
  • コンポジットの表面を平滑にするIMC(インモールドコーティング) 成形用の注入機も開発しました。

RTMで製作したCFRP製のボンネット

インモールドコーティング
基材を成形する金型内に、塗料を注入し塗膜を成形する方法
塗装性能の向上
 平滑性、均一な仕上がりで、ゴミ、ブツ、たれなどの不良低減。
コストダウン
 塗装工程・塗装設備・物流が不要になり、コストダウンが可能
環境に対する特徴
 金型内での塗膜成形
 機溶剤を含まず揮発性有機物(VOC)の排出がない
多様な部材の適用期待
 (耐熱ABS,PA,PC,PET,PP, CFRP等)
ページ
TOPへ